B型肝炎の給付金について受給資格があるかどうかについてですが、細かな条件について知りたい人も多いでしょう。例えば、一次感染者、二次感染者、さらに遺族というように自分がどの条件に当てはまるのかも分かりづらいものです。また、どうやって判断されるのか不安なことも多いでしょう。

集団予防接種一次感染者は集団予防接種などで直接的にB型肝炎ウイルスに感染した人が対象となります。B型ウイルスに持続感染しているか、満7歳で集団予防接種を受けているかどうかまで確認が必要です。二次感染も支給対象となり代表的なのが母子感染でしょう。父子感染も平成26年1月24日から認められるようになりました。また、遺族も対象になります。B型肝炎の給付請求ができる資格があるかどうか、調査して確認をするだけの価値があります。支給額は一律ではなく病態が重ければそれだけ金額は大きくなるからです。

例えば、軽度の肝硬変で発症から20年未満の方でも2500万円、発症から20年以上経過して治療中などの方でも600万円が支給されます。感染してから20年以上経過しても50万が支給されます。もちろん金額の問題ではないと考える人も居るでしょう。しかし治療費用も高いことは否めません。生活のことなどを考えた場合、B型肝炎の給付金を得るという選択は悪いものではないでしょう。B型給付金請求に強い弁護士に相談することで、適切な支給額を得ることができます。